ページトップへ戻るためのリンクです。
HOME > 製造工程

製造工程

 昭和53年、国内で初めて実用レーザー加工機を導入。それまで工業用とは見なされていなかったレーザー技術を柔軟に採り入れた結果 、私たちは異業種からも注目を集める生産ラインを確率しました。以降も設備投資には積極的に取り組み、工作機械メーカーの協力を得ながら新機種の導入を試みるなど、ハード面 の強化を図ってスピーディな量産体制を整えています。

打ち合わせ、および設計

 お客様の御要望に基づき、仕様のアウトラインや納品期日を決定した後、データ入力前の準備として社内用設計図を作成します。設計図は工場内の作業効率を高める道標です。また、製造終了後は自社設計図として保存し、リピート発注に迅速に対応できるようにしています。

専用コンピューターによるデータ入力

 プログラミング専用のコンピューターをお客様とモデム回線で接続、もしくはメールでデータをやり取りしてお客様のデータをダイレクトに取り込み自社用にアレンジしながらプログラミングを行います。作成したデータはセクションの各ポジションへオンラインで送られます。

レーザーカッティング

 当社が日本初の技術として導入した実用レーザー加工機。プログラミング室からオンラインで送られたデータにもとづき、ベニヤを精密にカッティングしていきます。現在は3台のレーザー加工機がフル稼動しています。

自動刃材のカッティングとベンディング

 作成したデータをもとに、製品形状にあわせて刃材を切断していきます。カッティングマシンは4台。オペレーティングによる自動切断でスピーディかつ寸分の誤差もなくカッティングします。  カッティングした刃材を選別し、コンピューターでベンディング設定しながら加工します。この工程で曲げ加工と切断を同時に行う場合もあります。

最終ベンディング仕上げ

 機械でベンディングした刃を最終曲げ治具で調整しながら、カッティングを終えたベニヤ板に装着(溶接製品もあり)していきます。この技術は、職人的作業を要します。繊細な技術を備えたプロフェッショナルが担当しています。

検査

 寸法や刃の形状を綿密に最終確認します。万全を期するため検査専用機器によりミクロン単位 で検査を行っています。

 CADシステムでプログラミングしたデータを製造ラインの各工程へオンラインで送る。この社内LANネットワークによる徹底したコンピューター管理下にあって、とりわけ最終工程だけは職人技術を残しています。機械で基本的なカッティング&ベンディングを施し、最後は人の目配り気配りで仕上げていくというやり方です。機械は大量 生産には優れていますが、繊細な技術は人の手や英知によってしか奏でられません。熟練のプロフェッショナルがいます。職人としてのこだわりを持つ技術者がいます。先駆的な設備導入の陰に隠れがちですが、私たちの技術を支えているのは、やはり人なのです。

 

株式会社 たから抜型工業
<本社>

〒930-0835
富山県富山市上冨居3丁目1-1
TEL/076-451-4020(代)
FAX/076-451-4021


<石川営業所>

〒924-0013
石川県白山市番匠町508-106
TEL/076-272-8494
FAX/076-272-8495